ソイカが再開されたようですね。



常連客と店員たちがお互いを懐かしんでいた・・・

懐かしみて~



ここで働いていた女性たちは誰もが予想通りに困窮した生活を強いられていた。中にはオンラインで客を取っていたわ。という冗談とも本当とも取れる逸話を話してくれたツワモノもいた。しかし、この間に政府から支給されたのはわずか5000バーツ(約17,000円)。家賃や公共料金などであっという間に消えたという。

出典: 【タイ】夜の街『ソイ・カウボーイ営業再開』客マバラ、38日間連続・国内感染者ゼロ

女の子たちの休業中の保証として政府から支給された金額は5,000バーツ(約17,0000円)ですって!

バカラならロング1回分ですね。

払う側の金額ですが・・・



それにしても38日間連続で国内感染者数ゼロはすごいですね!

なんで日本はそうならないんだろ?



ではっ!